井上ひろみ 事務所|豊中市

基本理念・政策

基本理念・政策Idea・Policy

基本政策 : 経験したからこそ主張する、井上ひろみ「3つの目線」。

大阪にまっとうな政治を取り戻す。
現在、大阪府会議員は定数88名のうち、女性はわずか4名。性別はもちろん、さまざまな立場の人が多様な視点で政治を動かさなければ、暮らしは良くなりません。色々な困難を抱える人たち。様々な課題に果敢に挑戦する人たち。現在の政治に失望している人たち。それでもなんとか政治を変えたいと願う人たち。今、大阪府に本当に必要なことは現場の声を政治に届けること。カジノ等の古いハコモノ政治ではなく、防災対策や教育、福祉といったソフトです。「3つの目線」で、見る、聞く、動く!ここ豊中から府政を改革します!

基本政策 1

政策1
生活者の目線!

子育て、病気、介護がいっぺんにやって来る。私だけが特別ではありません。現状では、子育てや介護の多くを担っているのは女性です。家庭の事情はそれぞれあり、お互いに話し合わなければ制度や行政サービスは利用しづらいままです。だれも置き去りにしない子育て・教育環境を実現し、介護する人される人ともに安心して暮らせる制度設計を目指します。

基本政策 2

政策2
労働者の目線

会社員、自営業、フリーアナウンサーと立場の違う働き方で課題に直面してきた経験をもとに、働く人をとりまく環境改善を多角的に訴えます。不安定な雇用環境で将来に希望が持てず、結婚や出産に踏み切れない人が益々増えてくるでしょう。雇用の安定と確かな未来、誰もが不安なく安心して働ける環境づくりに尽力します。

基本政策 3

政策3
政治現場の目線

国会議員秘書を12年務め、政治の現場でどんなことが行われ、いかに人々の声が届きにくいか、つぶさに見てきました。どんな素晴らしい提案も、それを通すノウハウがなければ実現しません。真の変革は、小さな声から生まれます。対話と協調の政治手法で具体的政策へと結びつけます。